働く前にチェックしたい! 工場勤務の内情とは


いろいろなタイプがある工場

工場は各種メーカーにとって欠かせない設備です。設備の規模や操業時間にいろいろなタイプがあるので、工場が勤務地となる仕事を探すときはよくチェックしましょう。まず、工場の規模はかなり幅が広く、広大な敷地と複数の建物から構成されているタイプがあれば、ガレージを工場にしているような小規模なタイプもあります。大規模な工場では休憩施設(食堂や売店)を備えているのが一般的で、そのような工場なら食事のために外出する必要はありません。大規模工場は郊外に建てられていることもありますが、最寄りの駅まで送迎バスが用意されることもめずらしくありません。操業時間は、昼の時間を基本としたタイプと24時間操業のタイプに大別されます。昼間が操業の基本となる工場は、一般企業と同じような勤務時間になります。24時間操業の工場はシフト制が組まれているのが一例で、夜間のみの勤務時間を選ぶと報酬が高くなるのが通例です。

工場は仕事内容もいろいろ

規模や操業時間に複数のタイプがある工場ですが、仕事内容もいろいろです。求人情報を見れば仕事内容はだいたいわかりますが、いわゆる「流れ作業」が導入されている例が多いといえます。流れ作業とは、製品の一部がベルトコンベアなどに載って移動してくるのに合わせてスタッフが作業する業務です。仕事に慣れないうちはベルトコンベアの動きが速く感じるかもしれませんが、仕事先によっては初心者向けの低速ベルトコンベアが用意されていることもあります。流れ作業のほかには、商品の選別や衛生面に関する作業などもありますし、事務職員としての採用も考えられます。衛生面に関する作業とは、食品を扱う工場で毛髪の混入防止や除菌に関する作業です。

住み込みの求人は勤務先、またはその付近で住むことが出来るので時間にルーズな人でも遅刻せずに出社することが出来ます。