外資系の会社に転職する場合の選び方のポイントとは?


自分が専門としている職種を募集している会社を選ぼう

外資系の会社はただ英語ができる人材ではなく、どんなことができるのかを重視して採用しています。したがって自分が専門としている職種以外では、ほとんど採用される望みはないので、応募したい外資系の会社がどんな職種の人材を募集しているのかをよく確認することが大切です。どんな職種の人材を募集しているかきちんと確認し、自分がその仕事をやり遂げられるかをよく考えてから応募しましょう。

利益を出している会社かどうかも確認しよう

外資系の会社だと調べるのが困難な場合がありますが、応募したい会社が現在利益を出しているかどうか確認することも大切です。利益を出していない外資系の会社はいきなりリストラする場合もあるので注意しましょう。

会社の将来性もチェックしよう

会社の将来性もチェックすることが大切です。外資系の会社は、現在好調であってもちょっと先行きが怪しくなっただけですぐにリストラをしたり、日本から撤退してしまう場合があるからです。その会社の商品やサービスをよく調べて、将来も売れ続けられるかどうかよく見極めてから応募するようにしましょう。

過去の評判もチェックしよう

外資系の会社に応募するのであれば、過去の評判もチェックすることが大切です。過去の評判は、ネットなどから調べることができるので、過去に事件を起こした会社などは、すぐに知ることができます。ネットで調べてみて、ひどい指名解雇やリストラを行ったことがある会社は避けるようにしましょう。ただし日本企業とは違い、外資系の会社のリストラはすべて悪いわけではありません。リストラがあっても思いがけないインセンティブ・オファーがある場合もあるからです。

海外での仕事に興味があるなら、外資系の転職がおすすめです。出張や転勤で、海外へ行くことも少なくないでしょう。